fine yoga

*八尾市JR志紀駅前でヨガ教室をしています* 2019年夏カルチャースクール『Re・Fine』開講。ヨガ以外の講座もスタート♬

肺を元気にするには?

 

今週のテーマは『肺を元気に!』

肺機能を高め、春先に不調が出やすい呼吸器系を整えるプログラムでした。

もちろん肺強化で免疫力アップ✨✨✨

 

 

 

深い呼吸が身体に良いのは何故?

 

 

🔶呼吸のメカニズム(胸式呼吸)

 

息を吸うと

肋骨と肋骨の間にある筋肉(肋間筋)の働きで肋骨の中に収まっている肺が広がります。

多くの酸素を取り込むことができ、

それによって身体中の細胞や組織に酸素が行き渡り身体全体の機能を向上します。

 

 

肺を元気にするには、まず正しい姿勢から!

 

 

姿勢が良いと背筋が伸び、常に胸は開いた良い状態です。

呼吸筋をしっかり使うことができるので肺も伸び伸びと大きく動かすことができます。

肋骨は前後(胸側・背中側)、左右(側面側)にも動く!

もちろん酸素量もアップします✨

 

 

f:id:fineyoga:20200309183035j:image

 

 

姿勢が悪い猫背気味の場合、背中が広く丸く巻き肩になり、常に胸が縮まった、詰まったような状態です。

肋骨が動かず、呼吸筋や肺の動きも妨げてしまい、呼吸が浅くなります。

 

肩で呼吸をする感じ。

肩、首のこり→頭部の血流が悪くなる→頭痛→眼精疲労、老眼→顔のくすみ→脳機能の衰え…

 

 

肺や呼吸筋の動きが小さくなり、取り込む酸素量が少ない状態が続くと…

酸素不足で各組織の働きが悪くなり、体調不良だけでなく代謝も落ちて太りやすい体質になるわけです。

他にも下記のような症状が現れる可能性があります。

 

 

 

◯鬱っぽい

◯気が滅入りがちになる

◯イライラしてしまう
◯老廃物が溜まりやすくなる
◯血液循環が悪くなる

◯顔色がくすむ
代謝が落ち太りやすくなる
◯足がむくむ
◯肩こり
◯悪い姿勢で後ろ姿の印象が変わる
◯疲れやすくなる
◯声が小さく、こもる

◯季節の変わり目や天候の影響を受けやすくなる

◯能の働きが悪くなる

◯視力の低下

 

 

 

…なんだか老化まっしぐら💦

 

 

 

いえいえ!

もしかしてその老化の原因は、姿勢の悪さからくる浅い呼吸のせいかも?

 

高いサプリメントなんて買わなくても、タダで体質改善できるかもしれませんよ🧡✨

 

 

 

 

肺は、肺胞(はいほう)という空気が入った小さな袋がブドウの房のように集まった臓器です。

肺胞の数は約3億個、その表面積を合計するとテニスコートの広さになるといわれます。

 

この肺胞ひとつひとつに新鮮な酸素を送り込むイメージで胸やお腹を使い大きく深呼吸をすると、まず身体の芯からぽかぽか温まるのを実感できるはず♨️

身体の隅々まで巡りを良くしてウイルスや菌に負けない身体作りを✨✨

 

 

f:id:fineyoga:20200309183045j:image

 

 

 

そして、横隔膜刺激で自律神経を整えて、

こころもからだも健やかに過ごしましょう🍀✨✨

 

 

fineyogaでは、呼吸法から丁寧に指導いたします。

身体の使い方ひとつで今よりもっと楽になるヒントをお伝えしています。

だからシニア・ミドル世代さんからスタートされる方ばかり。

身体の硬い初心者さん大歓迎なんですよ😊

 

 

 

 

 

 

 

・・・☀︎ fine yoga ☀︎・・・
疲れているときにこそ!
ココロが晴れるヨガしましょう☁︎🔜☀︎
大阪府 八尾市 志紀 にあるヨガ教室です。
柏原市からも近いです。

 


スタジオはJR志紀駅、徒歩数秒。

王寺方面からお越しの方もいらっしゃいます。

 


カルチャースクール Re・Fine

https://www.re-fineyoga.com/

 

 

企業や学校、個人グループ等への派遣も承ります。
地元八尾のみなさまの、笑顔や元気のお手伝いができますように

 


https://fineyoga.theblog.me/
http://fineyoga.hateblo.jp/

050-3692-4636

fineyoga☆outlook.jp

(☆を@に変更してください)